シェアハウスとは

シェアハウスとは一つの家で複数の人と暮らすことを指します。
およそここ10年でシェアハウスは10倍にも増えており、ターゲットは20代から30代でブームとなっています。

モデルハウスのように綺麗で新築に近い物件が多いことも特徴なのです。
また、短期滞在も可能でまた、女性限定の物件もあり、
ライフスタイルが変わりやすい若者にはぴったりともいえる
新しいスタイルがこのシェアハウスなのです。

では、このシェアハウスの賃貸と異なる具体的な間取りや立地はどういうものなのでしょうか。
ハウスの構成は「個人スペース」と「共有スペース」からなります。
リビング・トイレ・キッチンは共用のケースが多いことが特徴です。
プライベートな自分専用の部屋としては個室または共用の部屋があります。
個室を選べば完全なプライベート空間も選択出来ます。

入居者は個々の生活の変化に合わせて共用部屋から個室への移動も可能です。
一般の賃貸の契約の面で違う点はどこでしょうか。

検証してみましょう。
賃貸で借りる側がためらってしまう点はやはり初期費用にかかる
敷金・礼金でないでしょうか。
初期費用は都会であれば高額になり引越し費用などと見積もるとお財布も痛くなるため、
なかなか今いるアパートから引越しをためらってしまう人も少なくないのではないかと思います。
引越しで、貯金が全部無くなってしまうなんてもったいないのです。

シェアハウスは賃貸の最大のネックだったこれらの問題が一気に解消出来てしまうのです。
また、こうした初期費用が安いため、短期滞在にも向いています。
1ヵ月以上のご利用から受け付けているところが多いのもこのシェアハウスの特徴なのです。

ゲストハウスの契約は、1ヶ月単位で行える場合がほとんどです。
都会のライフスタイルに対応出来るシェアハウスは進化型賃貸ともいえるでしょう。
さらに公共料金も定額タイプのものもあり家具・パソコン・布団などが利用出来るタイプもあり、
上手に選べば工夫次第ではかなりの節約も可能なのです。
そういった点でも若者には適しているのです。

では、心配な初めて出会う人と一緒に暮らすという点については面白いケースを一つご紹介させて頂きます。
シェアハウスにお風呂が4つあり、
一つのお風呂を3人から4人で使うようになっていたりする物件もあり、
一口にシェアハウスといってもそれぞれタイプも個性があり、楽しく選ぶことが出来るのです。

また、中にはシェアハウスならではの特徴を生かして、
都心でも珍しく農園がついているシェアハウスもあったりします。
農園で住人みんなで栽培し、そして収穫された野菜を住人みんなで調理して食べたりすることで、
他人と家族ともいえないような絆がうまれていったりします。

都会で一人暮らしをするというと寂しいといったイメージがあったりしますが
バーベキューなどの楽しいイベントもあったりする
ここが、シェアハウスの最大の特徴ともいえるのです。