家賃節約の為にシェアハウスを探す

●安いシェアハウス、それって本当に大丈夫?
巷には、本当に安い価格で借りることができるシェアハウスがいくつもあります。
シェアハウスに「安さ」を求める人は少なくないので、いざ安い部県を見つけると「住んでみたい」と思うでしょう。
そもそも、シェアハウスの大きなメリットの一つが「家賃や光熱費が安いこと」です。安さを求めているからシェアハウスを探す人もいるわけで、安い家賃だけをみて「ここ!」と決めてしまう人も少なくないはずです。

でも、安さにばかりつられると大変なことになってしまう可能性もあります。
皆さんは「違法シェアハウス」というものをご存知ですか?これは、人が住む住居でありながら、実態は倉庫などとして提出されている物件のことです。こういう物件だと、窓がないなど「生活に最低限必要なもの」がない可能性があります。また、こういう違法をやらかす業者というのは別のところでも違法を犯しているものです。シェアハウスの内部を観て、「これはどうもおかしいな」と思ったら、契約をせずに立ち去った方がいいでしょう。
できれば、しかるべき機関に連絡をしてほしいです。
劣悪な環境のシェアハウスは、入居審査などもおざなりですので、どんな人が住んでいるのかもわかりません。なぜ、日本の賃貸業者が「入居審査」というものを行うのか。そこにはちゃんとした意味があります。

●火災報知機に不備があった例が、現実的に存在する
実は、現実的に「シェアハウスの火災報知機に不備があった」という事例があります。
家には必ず火災報知機がありますが、その設置をしていなかったという理由ですね。
これがどんなに危ないことか、お分かりになるでしょうか?火事になったとしても、火災報知機がなければ教えてくれないので逃げられません。日本ではめったにないことですが、シェアハウスではこういった「建築に関する基本中の基本」が守られない事例も多く、大変な事態となっています。
他にも、明らかに狭すぎたり、ひとつの部屋を無理やり区切って入居させている様な部屋は「運営側に問題アリ、何かがあっても対応は望めない」と考えて下さい。命の危険があってからでは遅いので、「安いからと言って、すぐに契約しない」ということは徹底しておいてください。
明らかに安すぎる物件というのは、明らかにどこかで手を抜いています。
シェアハウスとはいえ、それは賃貸物件と同じですので、信用がおけるところを探すことが重要です。