シェアハウスにはどんなニーズがあるのか

最近、シェアハウスに暮らす人が増えてきているといいます。
ではシェアハウスとはどのようなものなのでしょうか?
シェアハウスとは、一つの家を複数の人と共有して暮らすことを言いますが、
シェアハウス優れている点は敷金や礼金、保証人制度といった一般的に契約で必要な条件がなありません。
またお金の支払いに関しても月払いだけでなく週払いのところもあるので、短期滞在の人にも向いています。

とくに、日本の場合賃貸では敷金礼金でもかなりの金額がかかってしまってそれだけで、
負担が大きくなってしまいますから、そういうシステムがないのだけでもメリットは大きいと思います。

立派なリビングやキッチンが欲しいけど、部屋数は多くなくていい、という人にもシェアハウスは人気です。
リビングやキッチンなどが立派なマンションは、部屋数も多くなり、価格も高価になっていきます。
参考:東急東横線のマンション物件価格参考

家族で住む人にはぴったりですが、一人暮らしの人だと部屋を余らせてしまいます。
そんな人に、共用部が広く、自分の部屋が1部屋用意されているシェアハウスがぴったりなのです。

シェアハウスを利用する人は、旅行の途中でたちよったり、期間のきまった留学の間に利用するという人もいますので、そういう人には手軽に利用できるというメリットがあるのです。
面倒な手続きが必要なくて借りられるのはいいですよね。
また、部屋にはあらかじめ家具が揃っている状態で学生たちが使うようなレオ○レスみたいに最初から一つの部屋が完成している状態で借りることができるのがおすすめできる点です。

多くの場合、それらをそろえるだけでも結構な出費になりますからそれがないというのもいいと思います。
ですから、今度もニーズはさらにたかまってきていると言えるでしょう。
日本人だけのシェアハウスもありますし、女性だけのシェアハウスもあるのです。
女性にとって同性だけというのも安心ではあると思います。
さらに、都内などで、女性のひとりぐらしは物騒です。
でもシェアハウスにすめばだれかが家にいるという安心感も得ることができます。
ひとりでいるのが寂しいと思っているかたには、だれかといつの会話ができるので気持がおちつくというメリットがあるかもしれないですね。

さらに、シェアハウスを利用しているのは、日本人だけではないです。
むしろ外国人のかたのほうが多いともいえるでしょう。
ですからいろんな国籍のかたと、触れ合うチャンスがあるというのもいいですね。

とくに、英語を学びたいとかほかの言語を学びたいというかたに、その国の生の言葉を聞けるのはとても有意義なことだと思います。
シェアハウスにいながら、ちょっとした留学をしているような気持になるかもしれないですね。

また、旅行をしている人にとって、ホテルに泊まるのはお金が高くつくだけでなくちょっといごこちの悪いこともあるかもしれないですが、
アットホームなシェアハウスで滞在できることで、あまり気をつかわないで住むかもしれないです。

シェアハウスは都内だけでなく、地方にも増えているといえます。
今後も利用していく人はどんどん増えていくものと思われます。
ただ、プライベートが賃貸に比べて少ないですし、共有でつかうものも多いので、
お互い、最低限のマナーを守って利用できたらきっとシェアハウスの魅力を充分満喫できることでしょう。